WBSの作り方2

1.先の見えてないWBS

こんにちは!プロマネラボのぎんたです。
GWも残り3日ですねー。みなさんは有意義なGWを過ごしておりますでしょうか?
私は、可視化されてないタスクを可視化し、WBSに起こす作業を今、しています。
型にはまっておらず、定型化したWBSのコピーでいけるようなタスクじゃない時はどのようなタスクがあるかを自分で考え、自分でWBSに起こす必要があり、なかなか大変ですよね。
何事も1から物事を書き起こすのはどんな領域でもいつでも難しいものです。
あなたも見えてないタスクを洗い出すのに苦労した事はないでしょうか?
今日は、そのような時に私がいつもどのようなアプローチをしているかをお話したいと思います。

2.先の見えてないWBSの作り方

私はいつも以下のやり方で先の見えてないWBSを作るようにしています。

(1)まず、目的とゴールを明確にする

先の見えないタスクや透過性の低いタスクを洗い出す時は、まず、それをする目的とゴールを明確にします。

これにより、何のためにこのタスクをやるのか明確にし、この後タスクを掘り下げるのに役立ちます。

(2)ゴール達成のために必要な考慮点等を洗い上げる

定義した目的とゴールを達成するために必要となる考慮点ややらないといけないもの、作らないといけないものを書き出します。

(3)カテゴライズと依存関係、タイムラインを整理する

(2)で洗い出した考慮点やタスクをカテゴライズして、各タスクを並べなおすと、その順番にやれば、ゴールにたどり着けるかを検証します。

辿り着けない場合は足らないタスクや考慮点があるのでさらに考えて追記します。

最後にこれらの依存関係とリソースに基づき、タイムラインを整理します。

これでWBSができあがります。

今回はここまでとしたいと思います。

※プロジェクトマネジメントでお悩みの方に以下のサービスをご提供しております。お気軽にご相談ください。

・個人さま向けPMメンターサービス

個人向けサービス
プロジェクトマネジメントラボが提供するPMメンターサービス、PMコンサルティングサービス(個人向け)についてご説明いたします。

・法人さま向けPMメンターサービス

法人向けサービス
プロジェクトマネジメントラボが提供するPMメンターサービス、PMコンサルティングサービス(企業さま向け)についてご説明いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました