どこまで自分でやり、どこまで人に任せるか

どこまで自分でやり、どこまで人に任せるか

1.人にどこまで任せるかって難しいですよね?

こんにちは!プロマネラボ管理人のぎんたです。

みなさん、どこまで自分でやって、どこまで人に任せるか悩む事ってないでしょうか?

私もPMになり立ての時もそうでしたし、今でもたまーにどこまで自分でやろうか悩む事は多々あります。

特にプレイヤーから管理職(PMも含みます)になると、人をアサインし、チームワークで仕事をこなしていかないといけませんので、そのギャップに悩む時があるかもしれません。

とはいえ、プロジェクトは下に抱える人数や規模にも依存しますが、全部自分がやってたら、時間を体もたらないですよね。

アサインしたメンバーに任せていく事が、プロジェクトでは必須となります。

2.任せる3つのルール

という事で、私や以下のルールで人に任せています。

(1)全部任せる

相手がどのぐらいの経験とスキルを持っているかにもよりますが、やれる素養があると思うのであれば、思い切って進め方から判断まで全て任せてみましょう。

ただし、完全な放置プレイはいけません。

報告や相談、レビュ等は適宜、行ってもらい、進んでいる方向や進捗、品質に問題がないかは確認しましょう。

(2)方針や全体のシナリオ、目次、概要のレベルのみ自分がやる

(1)が成り立たない場合、特に進め方や方針自体、自分の中にまだ答えを持っておらず、かつ、アサインしたメンバーにもそれをやるのは無理だと判断していている場合は、最初のとっかかりのみ、自分でざくっと描いて、それをアサインしたメンバーと共有し、その後のタスクを任せるようにしましょう。

自分でやるところは例えば、以下のような部分となります。

✅全体の方針を書き出す

✅進め方を自分で整理する。

✅目次とその中で何を語るのかを書き出す

✅必要となるタスクを書き出す

このような事を自分でやる事で、人にも指示しやすくなりますし、任せたメンバーの成果物のレビュをするにあたっても、何か違う気がするなどという曖昧なフィードバックをする事がなくなります。

なんせ、自分でも一度、考えているのですから。

(3)最後は自分で巻き取る覚悟を持つ

といっても、最後までやりきれないメンバーは時に出てきます。

その場合は、時に自分で結局、最後までやりきるしかない局面がある事を覚悟しておきましょう。

PMや管理者には、その責任感と覚悟が必要なのです。

 

今回はここまでとしたいと思います。

※プロジェクトマネジメントでお悩みの方に以下のサービスをご提供しております。お気軽にご相談ください。

・個人さま向けPMメンターサービス

個人向けサービス
個人向けサービス PMメンターサービス(個人向け) 現場では相談しにくい悩みを気軽にご相談ください。 1.こんな悩みに寄り添い、ご相談に乗ります。私だったらどうするかについてもあわせてお話いたします。 ①プロジェクトリーダー…

・法人さま向けPMメンターサービス

法人向けサービス
法人向けサービス 企業さま向けPMメンターサービス 以前、あるIT企業の部課長の方から、企業内のPMやPLの方の相談に乗る時間がなく、リスクが顕在化し、トラブル化する事が多くなっているというお話をお聞きいたしました。 また、部課長…

コメント

タイトルとURLをコピーしました