外国人と初めてプロジェクトを進める時に注意する事

外国人と初めてプロジェクトを進める時に注意する事

1.私の初めての海外プロジェクト

こんにちは!プロマネラボ管理人のぎんたです。

梅雨のシーズンとなり雨が降ったり、じょじょに夏の雰囲気を感じられる季節になりましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?私は夏に向けてばてないように出来るだけ規則的な生活をするように心がけています。

さて、私は初めて日本人以外とプロジェクトを遂行する事になったのは、今から10数年前になります。

その仕事は、あるお客さまの海外現地法人のシステムをマレーシアに導入するというプロジェクトでした。

そのプロジェクトで私は、初めて、マレーシア人とインド人と少数の欧米人と仕事をする事になったのです。

始めの内は、外人と仕事が出来るという興奮と、仕事で海外に行けるという気持ちの高まりで、非常にテンション高くプロジェクトを始めました。

初めてのマレーシアへの出張でもマレーシア独特の熱気とクアラルンプールの都会の雰囲気に興奮していたのを今でも覚えています。

でも、プロジェクトを進めるうちにどーも自分の思い通りに進まないなーという事が多々あり、こんな事なら日本人とやっていたほうが楽だなと思う事が多々ありました。いわゆるストレス期ですね。

ただ、プロジェクトは成功させなければなりません。そんな事を言ってられません。マレーシア人、インド人、欧米人とどうやったらうまくプロジェクトを進められるか考え、アジャストするところはしていき、折れちゃいけない事はわかってもらうようコミュニケーションと努力を重ねる事でグローバルなPMとしてやっていけるようになりました。

ここでは、海外の人達とプロジェクトを進める上で必要となる心がけを私の経験から述べたいと思います。

2.外人とプロジェクトをする場合の心構え

それでは、外人とプロジェクトを進める上での心構えについて述べます。

(1)日本のやり方、これまでのやり方に固執しない

一番やってはいけないのは、日本のやり方やこれまでのやり方に固執してそれが絶対的に正しいと考えないでフラットに状況を見て判断するようにする事です。

世界には必ずしも日本のやり方が通用しない国もありますし、考え方も大きく異なる国も多くあります。

いつも日本のやり方やこれまでのやり方が正しいとは考えずに、できるだけフラットに人の意見を見るようにしましょう。

(2)社交的にふるまい、良くコミュニケーションをとる

海外の人とプロジェクトをうまく進めるためには、お互いを良く知る行為が欠かせません。内向的な人もいると思いますが、外国語を話している時は正確を変えようと思えば変えられます!

日本人とプロジェクトを進めている時よりも、より社交的に、コミュニケーションを密にとるようにしましょう。

(3)相手の文化にふれ、理解しようとする。

郷に入っては郷に従えという諺もある通り、海外の人を仕事をするときには、相手の文化にできるだけ接するようにしましょう。相手の国の食べ物を楽しみ、相手の文化を学び、相手の国の人の生活や生き方にふれましょう。

そうする事により、より密にスムーズにプロジェクトを進める事ができるようになります。

今回はここまでとしたいと思います。

※プロジェクトマネジメントでお悩みの方に以下のサービスをご提供しております。お気軽にご相談ください。

・個人さま向けPMメンターサービス

https://project-management-lab.com/indivisualservice/

・法人さま向けPMメンターサービス

https://project-management-lab.com/corporateservice/

コメント

タイトルとURLをコピーしました